実在ファンタジー~「68歳の新入社員」を観て。

www.ktv.jp

このドラマすっごい良かった……! 私は、この充希ちゃんの彼氏役が小瀧くんだから、という理由で観ていたのだけれど。働く女子、繭子(充希ちゃん)に、がっつり感情移入しながら観ていた。総務のおじさん怪しいとは最初から思っていたけれど、勧善懲悪にならないハッピーエンドなのも良かったー。あの上司2人のこととか。これで悪役上司を飛ばしちゃったら、スカッとジャパンになっちゃうし。

お仕事もののキャリアウーマン系ドラマって、よく有るけれど。大抵は「完全無欠過ぎて恋愛奥手」か「恋も仕事も全力で!」みたいなので、主夫寄り同棲彼氏って珍しいよなー。

繭子の、にいもとさんに対するタメ口って、まあ、割と最初は苛々した、というか、「有り得ないな」とか思った訳だけれど。「もともとは冴えないOLだった」「一歩、前に出てしまったが故に、死ぬ程もがかなきゃいけない」とか。あー。そーゆーのめっちゃわかる……と思ってしまったら、繭子のタメ口が「精一杯の武装」に思えてきて。「笑ってたって私のこと?」って、必要以上に、周りが敵に見える感覚。わかる、わかるよそれ……と。現に、お宅にお邪魔するシーンとか、ちゃんと敬語で喋ってるんだよね……。服装とか髪型とかもオンとオフで全然違うし。そう思ったら、嫌いになれない。

そして、言うまでもなく、小瀧望くん演じる小野諒くんは最高でした。働く女子の夢が全部、詰まっている。我儘過ぎるんだけれど。受け止めて欲しいんだけれど、主体性無さ過ぎても嫌だし、お仕事忙しいのも嫌だけれど、全くは働かない、とか、自分より収入が低くても嫌、みたいな。諒くん、たぶん、最低限の資産は持ってるもんね……。そして、あの優しさと、でも、優柔不断では決してないところ。

Twitterでもつぶやいたけど、たぶん、こんな感じ。プリンシパルの弦ちゃんと、キャラは全然違うけれど。「身近にいそう」「いたらいいな」の具現化、というところでは共通項あると思っている。それにしても寝顔かわいい……(観ながら打ってる)。

あと、諒くんも相当なファンタジーだけれど、奥様の文子さんが、これも超!理想!なんだろうなーと。朝からちゃんとご飯作って、夜もご飯作って待ってて。「飲みに行く」って連絡入れても、嫌な顔しないで。ちゃんとお化粧して、アクセサリーも着けて、でも派手じゃないし、言うこときちんと言うけど、基本的には「三歩後ろで待ってる」というのは、やっぱり、おじさま世代には理想なんだろうな……と。「ちらし寿司作りたい!」辺りの、さりげない気の利かせ方とか、うらやましい……。ナチュラルに諒くんを連れ出して、「ボスと2人っきり」にするの。3日後ぐらいに気が付いたもん……。それと、文子センパイと諒くんの2ショかわいいよね。

[rakuten:book:19192009:detail]

悩んでたけどDVD買う……。後日談も観たいけど。このままで終わった方が綺麗な気もする。

 

 

『ID(いっぱいだいすき)』という持論。

地元でWestivalを観て、1週間も経たないうちに、お台場で赤西さんのライブを見て、キンプリショップとジャニショに行って帰ってくる、という遠征をしてきました。キンプリショップ楽しかったんだけれど、傍から見て、私は誰のファンっぽいんだろう、とか、ぼんやり考えていた(答:赤西さんのライブ帰りの小瀧担です)。キンプリの推しは平野くんですが、とにかく全員かわいい……ので、コンサートとか観たらイチオシは変わるかもしれない。あとジャニショで佐藤龍我くんの写真を買う、という裏ミッションを成功させたので満足です。東京B少年いいよー。

DD(だれでもだいすき)とか、事務所担とか、実はあんまり好きじゃない、というか、自分は違うなーと思っていて、でも、普通に自担とか自ユニにしか興味がないひと、ともちょっと違うんだよなー、というのを最近ちょっと思っていて。だったら新しい概念を作ってしまおう、と。

という訳で「ID」です。好きなものは多い方が幸せになれそうだし、「これが好きならこっちも好きにならなきゃ」みたいな義務感も無いので。嫌いなものについて言及する際に「これを好きなひともいる」というところさえ気を付けていれば、と思う訳です。

あとはJUMPのFCに入ったり、妹がKAT-TUNのFCに入ったのでツアー申し込んだり……。とりあえずナイツテイルまでは大人しくしているけれど。

 

 

 

 

私のリピートコスメ(スキンケア編)

GW終盤、暇を持て余しているので、リピートしているスキンケア用品を延々と上げていく。

ちなみに「安くて良いものを惜しげもなく使用する」スタイルなので、ことごとくプチプラです。

・エテュセ:ふき取りピーリングシートN

www.ettusais.co.jp

限定のときから好き過ぎて、終盤はもったいなくて半分に切って使う、ということまでしてたぐらいなので定番化いえーい、という感じ。限定のシトラスの香りのも使ったけれど定番の方が私は好きです。

洗顔不要、というけれど、私は一応、水で洗顔してから使ってます。

資生堂:オイデルミン(N)

www.shiseido.co.jp

f:id:gomerry:20180505153715j:plain

公式で画像出てくれないので、画像だけ。ピンクのボトルでレトロで超かわいいし、最寄りのDSだと350円ぐらいで買えてしまう。すごい。

・ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル

www.imju.jp

有名過ぎるし悪い話は聞かないコレ。すごい好きでべったべたになるまで乗せてみたりするので、逆にコスパ悪いんじゃないか……と思ったりもする。あとコンディション悪いときはコレしか使わなかったり……。

無印良品 オーガニック美容液ジェル

www.muji.net

これも好き過ぎる……。別にオーガニックに拘りとか、そーゆーのではないのだけれど。香りが好きで、延々とリピートとしている。

あと無印はホホバオイルとスイートアーモンドオイルね……。何がどう違うとか別によくわかってないんだけれど。

資生堂 アクアレーベル ホワイトニングゼリーエッセンスEX

www.shiseido.co.jp

夏は、やっぱりコレが好き。毛穴が引き締まる感じ……。見た目も涼しげで可愛い。美白の種類もいろいろとあるけれど、トラネキサム酸が入っているのが好きです。根拠はどこにもない。名前の響きが好き。

LUSH パワーマスク

jn.lush.com

SPの方も一時期使ってたんだけど、じゃない方が扱いやすい気がして。主に顔用。毎日、ではないんだけれど、数日に1回は使わないと調子が悪い気がする……。

・ロゼット 洗顔パスタ ホワイトダイヤ

rosette.jp

いわゆる、普通の洗顔フォームのポジションで常備していないと落ち着かないもの……。ブライトアップ効果とかは正直わかりません。でも好き。

suisai ビューティークリアパウダーウォッシュ

www.kanebo-cosmetics.jp

今更だけど、私、毛穴とか角質が気になるひとみたい……。実際そうなんだけれど。っこれもコンスタントに使っていて、買い忘れたりして暫く使わないとやっぱり調子悪いなーと思ったりする。

・フローフシ THE まつ毛美容液

flowfushi.com

まつ毛美容液自体は、割と結構な昔から使っていたので、この製品におけるbefore/afterはわからないのだけれど。他社製品って、割とマスカラ型で先端にスポンジのチップ……みたいなのが多いのですが、これ、指に出してそのまま塗れる。鏡が不要、という、それだけで実は高評価だったりする……。寝る直前に塗りたいので。

いろいろ挙げてみたのですが、クレンジングはジプシーです。JUMPがCMしてるラチェスカも悪くないのだけれど。濡れた手でも使えて、WPのマスカラが落とせて、毛穴汚れが綺麗になるの……というプチプラのものが良いです。THREEで買ったことも有るし良かったんだけど、お値段気になってきちんと使えなくてですね。

愛の前に悩まないように 後もどりなんてできない

衝撃的な出逢いから、望くんに降りて1年が経ちました。

手放しで「すっごい楽しかった」と思うし、「次は何が観たい」というのも有るし。未だ観たことないもの、体験したこと無いことを、のんちゃんは見せてくれるんだと思います。

ただ、そのうえで、ここ最近のことだけじゃなく、他にも違うところで、いろいろ有って「彼がステージに立っていること」が当たり前ではない、ということも、改めて認識していなければ、と思いまして。

今日のタイトル、perfumeの「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」という曲の歌詞の一部で。たぶん、一部の界隈では有名な曲なので、改めて説明は不要かとも思うのですけれど。

この曲、「自担が一番!」というだけの曲じゃないんですよ。むしろ、過去形。パーフェクトなスターだったキミには、もう逢えない、という曲。そして、私は、赤西さんが最初に留学をしたときに、この曲ずっと聴いてたんです……。

「もう逢えない」って思ってたキミはちゃんと帰って来るんですよね、そして、あのとき思い描いていた形とは違うけれど、やっぱりキミはパーフェクトなスターだった、というのは、10年以上も経ってからの答え合わせ。

というのが私の原点で。もちろん、「私の観たい」望くんとか、「こんなお仕事してほしい」みたいなのは、たくさん有るし、それはかなりの割合で叶うと思っているのだけれど。例えば、それとは全然違うことで有っても、ポジティブな気持ちで、望くんが選んだので有れば、私はそれを応援します。望くんが健康で、幸せでいること、というのが、いちばん大事。

しかしながら、最近、色彩に興味が有って、いろいろ読んでるのですが、のんちゃんにピンクを宛がったひと本当にグッジョブ……。高身長で端正な顔立ちだから、黙って立ってたら本当にクールビューティにもなれるじゃない。プリンシパルの弦ちゃんみたいに。それに敢えてピンク、という。相反するものをぶつけて、可能性を広げる感じ。

クレイジーマーチ~狂気の3月を振り返る~

人生最大に忙しかったかもしれない3月が終わりました。他の人から見たら、そうでもないかもしれないけれど、たぶん、去年の今頃の自分からは想像出来ない。という日記。本当に日記。

・映画「プリンシパル」公開

小瀧望くん初主演の映画が公開されて。試写会は応募したけれど行けなくて、公開初日、舞台挨拶中継の回が初プリンシパルだったのだけれど、結局、現時点で4回観た。そろそろ公開が終わるっぽく、あとは仕事をサボるしか観る手段は無いので、事実上、打ち止め。最後に映画館行ったのいつだっけ、ぐらい行かない人間なので、最初で最後かもしれない、と思いつつ。今回の主演がW主演なので、「単独初主演」が来たらどうなることやら。

で、Twitterで「映画館の主な収益はフード類。集客をアピールするならフードとか積極的に頼むべき」みたいなのを読んだので、ちゃんとフードとか食べたよ。というか、シネマフロンティアの「あんこチュリトス」が魔性の美味しさ……。シナモンシュガーまみれのチュロスの中に餡が入ってる、という、砂糖の塊みたいな食べ物なのだけれど。

・Endless SHOCKを観劇した

これは例年の定例行事だけれど。チケット取れたので初の2回観劇。

で、せっかくなので、と、上野動物園でパンダのシャンシャンを観に行ったり、TDSに行ったり、数年振りにジャニショに行って、十数年振りぐらいに「ずらーっと長いレシート」を受け取ったり。とにかく、いろいろな行列に並んだ。シャンシャンとジェラトーニが可愛い。

・赤西さんのライブのライブビューイングに行った

ライビュ自体は2回目だったのかなー。前回がド平日の18時半でファクトリーというスケジュールで諦めた記憶は有るけど、週末のシネマフロンティアで19時なら行けるー、と。

ちなみに金曜日21時半ぐらいまでシネマフロンティアにいて、土曜日の8時半にはまた、同じ場所に戻ってくる、という様子のおかしいことをしていた。だってプリンシパルが9:05開始だったんだもん……。

NEWSのコンサートに行った

去年は行ってないんだけれど、最近は割と行ってるなー、と。アルバムちゃんと聴いていたら、それ以上あまり深く考えなくて良いから初日って好きだなーと。

誰が好き、とか、あんまり無いんだけれど、今年は小山さんがカッコ良かった……。あと、私の中で「幸せになってほしいJr.ナンバー1」の、野澤くんがいたので。のんちゃん相変わらずかわいい……。小瀧くんも「のんちゃん」だけど、野澤くんも「のんちゃん」以外の呼び方は考えられない。

という中でも仕事はちゃんとしてるし、というか、いつもより残業時間多いぐらいだったし、望くんが映画のプロモーションでテレビたくさん出たり雑誌たくさん載ったり、というチェックもしていたので。自分すごい。

4月はちょっと落ち着くので、PC&PD診断(って言ってみたかった)受ける予定だし、あと、大きな現場とか発表されなければ、パソコン買い換えたいなーとか思っていたり。キーボードがバカになったノートパソコンは買い換えて良いと思うのだ。

Endless SHOCK 2018の感想

2018年のSHOCKを観てきました。

※ネタバレかつ例年と比較しての感想で、Twitterの文字制限いやなので、スマホからぼちぼちと。

 

ユウマ、ちゃんとライバルだった!

かつての年の離れたライバル(リョウ、トウマ、ウチ)って、ライバルっていうか弟分みたいな感じで。偉大な兄と比較されて……みたいな気がしたんだけど。屈折しちゃったのがリョウ。真っ向から反抗したのがトウマ。ライバルっていうか『お兄ちゃんからの独り立ち』みたいだったのがウチ。それと比較すると、そもそも、コウイチに頼る……という感じでは無いんだろうなー、と。

設定上、子供のころからってことだけど、何となく『10代半ばでカンパニー入って、ユウマ入ったときにはコウイチは既にスターだった』みたいな雰囲気だった。

なので、最初、1幕すっごい距離感有って、あらー大丈夫かなーみたいな感じだったんだけど。2幕の夢幻の入りのハイタッチ(?)と、終わりの肩を組んで戻っていくところの空気が明らかに変わってて、鳥肌ものだった……。優馬くんと光一くんに距離感が有るんじゃなく、ユウマとコウイチの距離を作ってた……。

 

なので、間に入ってる越岡さんが! 爆イケ!(急にIQ3みたいな語彙力)

直接、ユウマになかなか言えないコウイチのために、みんなの(コウイチ含む)保護者みたいで超かっこいい!

Higherの合流順とか観てると楽しいよね……。

 

あと、松倉きゃわゆーってずっと言ってるんだけど、後半は寺西に夢中でした。かっこいい……。松倉と寺西のお写真買っちゃった。

 

実は明日も観るので、たのしみ。

最高に主役っぽい(プリンパルまとめ)

小瀧望くん初主演映画「プリンシパル」が公開されて、いろいろと書きたいこととか感想とか有るのに言葉にできない、という。ということで、札幌圏の特権で、いろいろ撮ったものを並べてみる。

札幌駅のシネマフロンティア。ちなみに3/10現在は「曇天に笑う」でした。12月上旬はミセコドだったなーという感じなので、凄い!とは思うけど、全国的に大騒ぎになっていたのが驚きです。あと、のんちゃんが北海道ローカルのラジオで「(ロケ期間中に)シネマフロンティアで映画観た!」って言ってたのが嬉しかった。

大通駅構内で小道具展示を2月いっぱいやってた。何気ないところに展示されている感動だけど、公開されてから見比べたかった気持ちはある。

札幌市のHPに載ってたりするから怖いのだ……。

www.city.sapporo.jp

ロケ地めぐりもどき、そのいち。ライオン前。ちなみにOPの4人が合流する交差点はココ。

プリンシパルのラッピング電車。もっとアップでも撮ったんだけど、車体番号のエンボス加工の部分が、のんちゃんの顔に被っててちょっと残念なんだよね……。これくらいの距離がちょうど良い。ちなみに私は札幌市交通局のHPでダウンロード出来る時刻表だけで挑みました。ライオン前とか、パルコのスタバの辺りとかだと「外回り」「内回り」同時にチェック出来るのでちょうどよい。

ロケ地念願の道庁のところ。正直なところ、地元民の感覚として「道庁前に呼び出すかな……」という違和感は有るのですが、「この画は綺麗だ……!」と思うので、そういうことだと思う。銀世界と赤レンガとブルーのイルミネーション、本当に綺麗……。

柱、というのか。柱でいいのか……。でも現地で予告動画観ながら番号も確認した!

あと、ちょっとした余談。

せっかくなので公開時期のネイル。ピンク×水色って、もともと好きな色なのだけれど。ツインタワーっぽい配色でもある。

マジョリカマジョルカのピュア・ピュア・キッスNEOのPK402が「主役」って名前で、そうなると「プリンシパルって知ってる?」と言いたくなるので、私の中で「プリンシパルピンク」って呼んでる。意外と使いやすい色だった。

www.shiseido.co.jp

あとは、暖かくなったら旭山と、彌彦神社には行きたいなー。